ゲストハウスご紹介  アーユルヴェーダに関  長期滞在料金 アーユルヴェーダで持病改善 スリランカ不動産販売
 スリランカの生活 スリランカ家庭料理 ゲストハウス宿泊 料金 宿泊利用の注意事項 アノーシャプロフィール



慢性疲労症候群でお悩みの方クリックしてください

多くの医学能力を高めてアーユルヴェーダ医学のすばらしさを理解できました
この事を現代の社会生活に広めていきたいと考えております

日本では最近多くの成人の方が精神疾患で悩む方が増えてきました
自国で精神治療する事に抵抗がある方は私の国スリランカで治療を受けてみの事をお勧めいたします
誰にも知られづに精神治療が受けられます
アーユルヴェーダ医学では脳のストレスを取り除く事が可能ます
精神的ストリスの度合いによって治療時間が異なりますが
そう難しい問題ではありません
日本では抗うつ剤を服用する事になりますが
簡単には治りません
スリランカでは アーユルヴェーダ漢方薬と頭部を対象に漢方オイルと全身オイル施術と食事療法
ご安心ください
メールお待ちしております


 新しい医療キャンーン実施を予定
アトピーのための医療キャンペーンを実施
躁鬱、鬱・脳に関する医療キャンペーンを実施
坐骨、腰痛神経痛についてのキャンペーンを実施
頭痛、肩こり、慢性疲労について

日程は後日お知らせいたします
困っている方の相談にお答えいたします
メールをお待ちしております

スリランカ政府公認アーユルヴェダー新しいDrによる講習会
2019年冬アーユルヴェーダ講習会キャンペーンお知らせ


日本からの男性患者様は
小さいころからアトピーに悩まされ成人になって直す事が困難になって
アーユルヴェーダ治療に訪れる事になりました
最近成人になってから間接が痛み出してきて20分と椅子に座る事ができなくなってしまったようです
今回サイトを観て弊社へ訪れる事になり治療を10日間の滞在中7日間の治療を行いました
アトピー症状は血が汚れてデドックスが弱い体質が原因です
ここ数年は間接に痛みが表れて辛い毎日を過ごすようになってます
簡単には体がもとには戻りません
体の汚れた血液を外に出す治療からです

血を奇麗にするために漢方薬煎じてデドックスを行い



普段から食事を気を付けることで表に現れる症状が緩和されます
添加物の入った食べ物、アレルギー物質食物、科学物質に汚染された部屋の空気は
排除できにくい体質の方は体の内部に溜まった状態になります


2日目

腫れあがった血管も徐々に収まり
ただれた皮膚も正常に戻りかれてきています
おゆみも我慢ができる状態に半減してきました


4日目

男性患者様は滞在10日間中7日間の治療でしたので
下記写真では肘内側の状態も大分良くなってきております
小さい頃からの発症で長い時間のアトピーを完治するまでには治療時間が短く
帰国てからもご自身で治療をする必要があります
出来れば再度現地スリランカで治療を行う事で改善ができると思います
スリランカ滞在だけで完治する事ではありません



この写真がお帰りになった7日最後の皮膚の写真です
腫れが引いてかゆみやイライラ感がなくなってきております




背中の赤身がどれて大分改善されてきてります
かゆみが取りてきました
寝床に入ると皮膚が温まりかゆみが増してきますが
そんな眠れない時間が少なくなってきました







弊社では、このような人たちのために無添加の食物料理の提供と
ゲストハウス隣に土で造った家を造る計画を考えております


アーユルヴェーダ 医療施術方法公開

日本にはこのような家はないと思います
アトピーがひどく、すべてに問題が出てしまう患者様には
土の家は生きた心地がすると思います
日本人女性がスリランカへお嫁に来た女性が近くに住んでおります
自然食にこだわり薬の使わないお米、野菜、牛乳を造っています
最近は自然の草を主食に牛乳からチーズを造っております
このチーズも無添加です
ご主人が考えて無添加チーズを販売する予定です
スリランカの果物は自然からの恵で薬は100%使っていません
このゲストハウスの周りのバナナ、マンゴー、ドリアン、ジャックフルーツ
キンカカコナッツ、いろいろです
簡単に言えば農薬や化学肥料のお金がありませんから
自然のままのフルーツを食べております

一例です

一例です

内部もすべて土です

科学物質ない施設で新鮮な空気と食物で暮らせる
家造りを考えております
せめてもアトピーのない宿泊ができるような施設を造ります



腰痛、坐骨神経痛で御悩みの方へ

私はサンダルの鼻緒が突然切れて足首を大きく捻挫をしました
その時の状態を人体や骨の痛みを治すアーユルヴェーダをお知らせ

その時の写真です



足首がこんなに腫れました

当日午後に医師に治療を受けました
通学している学校の先生でもあります


治療を受けて3日目
本日26日患部が痒く我慢ができず
患部を開けてみました

アーユルヴェーダ治療の効果で腫れがひいてきました
回復した写真を公開

4月26日の現状の写真です
アーユルヴェーダ治療3日目でここまで治りました
痛みが取れ腫れもひき良好です
日本ではなかなか治りにくい捻挫は完治し始めております
アーユルヴェーダ治療でしたらこの先生の処置と患部塗った漢方が
効果があったのかもしれません
捻挫や神経痛、人体の損傷で治りにくい痛みの
病気の専門治療室を行なうアーユルヴェーダ専門医です



上顎洞腫瘍について
この写真は私の知り合いの方が歯茎が痛くて相談がありました
原因は左上の歯茎が痛くて掛かりつける歯医者さんに診てもらい
歯科医師のすぐに歯科ではなく口腔外科へ行くように勧められました
口腔外科ではすぐに理解をしていただき
20年前に蓄膿の手術をしていませんか
聞かれました
すべての人がこのような状態になるとは限りませんが
蓄膿の手術をしてから25年程度どすると良性腫瘍ができる事がありますと医師が話をしております
私は50年前に両方の鼻の手術を受けていますと言う事を伝えましたら
この写真下段がその時の摘出画像です
上顎洞部分に黒い部分が良性の腫瘍です

摘出した腫瘍です
大きいものでは約4.5cmはありました
現在は問題がなく生活をしております

アーユルヴェーダでできる部分とここまで来てしますと
自然治療の力ではなかなか改善をする事は難しいです
蓄膿になる前の段階でアーユルヴェーダ治療を行う方法はあります
このような場合は早く適切な処置をする事をお勧めいたします


腰痛による足のしびれ、坐骨神経痛を解消

腰痛による足のしびれ

この方は日本の医者から見放されて、ここゲストハウスへ訪ねてきました
前回掲載している挫骨神経痛の方も同じです
日本の医師は検査をしてデーターに現れない情報は治しようがないと医師から言われました
痛み止めと胃薬の処方だけでは神経の痛みを取る事が出来ません
弊社ゲストハウスはこのような患者様が少しずつ増えております
約2・3週間で完治をいたします
日本には多くの患者が困っていると思います

現在2週間の予定でご年配の男性がアーユルヴェーダを受けに滞在をしております
長年にわたり腰痛から来る足のしびれがひどく、何とかして治したいと思って今回治療を受けにスリランカまで来てくれました
8日間の治療中、3月29日に帰国の予定です
8日間で腰から下のしびれが足首まで取れた様子です
1回の治療ですべてが治るとはDrは話をしておりませんから
しびれも多少の再発が起きる可能性もありますから・・とDrは話をしております
現在はオイルマッサージ約2時間と漢方薬の服用を行っております
症状は左足のしびれがなくなり現在は右足首部分のしびれと足の表面にむくみが残っています
大分歩く事が楽になってきたと本人は話をしております
本日3月28日現在の状態は、杖なしで歩く事ができる様になりました
日本の方は腰痛による痛みやしびれを取り除く事はできると思いますから
一度スリランカへ来て見ません・か



骨盤の痛みを解消
今日のお話は日本人男性がゲストハウスに遊びに来てくれる方です
年齢は60歳台前半の方で趣味とPCの仕事をしております
1日6時間程度PCの前に座り仕事をかねて10年以上
2回ほど坐骨神経痛になり歩く事が困難になり
家の通路は両壁をつかまり立ちをするほどです
50nの歩行が限度です
本当に立ったり歩く事が痛くて困難なご様子です
これが2016年8月から痛くて困っております
痛み止めの薬も効きません、
湿布薬をもらっても何の足しになりません
そのために整形外科へ行きました・が
MRIや骨のレントゲンを映しても骨には異常が出てきません
当病院では治す事が出来ません・・と医師から告げられました
暖かい風呂に入り、休みながら静かにしているしかありません
良い解決策が無いのです
痛みが取れてきたら、プールで少しずつ運動をする事が良いと医師から話があります
歳を取ってくると痛みが強くなり我慢をするのもいやになってくる事があります・と本人は話をしております
現在手術の段階までは無いと言っておりまのせんが
本人からの依頼でスリランカで生体を整える事が出来る専門があるので探して欲しいとの事で探しました
多くのスリランカ人が直すために生体医院へ通っております
その情報をお知らせいたします

毎日が辛い痛みに効果があります
日本の様な体をひねってり、曲げたり、もんだり、マッサージをする事はいたしません
4000年の長い時間と経験でどこに効果があるのかが分かった治療をするのがスリランカ医療です
腰痛、骨盤痛、肩こり、膝の痛みにスリランカ神経生体専門医院
私(Anosha)も3年前にツゥクツゥクで交通事故に合い左手首を骨折しました
国立病院で外科的治療で骨をつなぎました・が
思い傷みが残り上手く治りませんでした
骨折から3年が経過しても折った場所が重い痛みで困っております
特に手首を使ったりする仕事で辛い痛みが出てきます
現在この生体に通っております
手首の痛みからひじの痛みと肩の痛みまで出てきました
生体先生は背中の両肩甲骨の真ん中の骨に薬草を貼っております
折った場所にも薬草を貼っております
行ったその日から大分楽になりました
数日おきに通院しております
日本では人間のツボに当たる場所へ治療をする事で治す様子です
西洋医学とは違った治し方でスリランカでは直す事をしております
手術をしても、マッサージをしてもなかなか治らない痛みが取れる方法があります
通院は約2週間程度で終わりにしました
この9月16日でおわりにしたいと思っております
日本の様な体をひねってり、曲げたり、マッサージをする事はいたしません
一度来ません・か
もしかしたら治るかもしれません
もちろんアーユルヴェーダと療法を併用しても問題がありません

このレントゲンをDrヒマーリに見れましたら、痛みと骨のユガミを治す事が出来ると
話をしております
半月から3週間程度で2日から3日に一度通院をしてもらいます


スリランカ国立病院神経専門医師と直接会う機会がありましたので訪ねてみした
スリランカでも、このような坐骨神経の痛みの問題があると話をしておりました
上記の日本人坐骨神経患者様からの情報で
大きな関東の病院整形外科医に受診しました
X線とMRIを撮影しました・が
何も異常が無く問題ないとの回答でした
その為患部の貼り薬と痛め止めと胃薬の処方薬は
痛み止めナトリューム
胃薬の2種類の処方薬は
スリランカの医師は痛み止め○○○○○○○ナトリューム剤は使用禁止と話をしております
皆さんご注意ください

患部の貼り薬も貼っても意味が無いと言っております
神経の痛みは専門医師で受診する事をお勧めいたします
スリランカ医師も話をしております
病気は検査や画像だけでは現れない辛い病が沢山有ります
ネツトを活用したり、情報を探す事をお勧めいたします


別なスリランカ人に訪ねました・が
神経の痛みを取る方法があります
日本事務所のアート様の知り合いのスリランカ人が知っております
スリランカで開業医として診療はしておりません
報酬が目的ではなく困っている人を対象に行っているため現地へ行く事になります
必要であれば、ご紹介が出来ると思います
詳細についてはお知らせください


この写真は本人の同意をもらって掲載しております


正面 背骨が曲がってしまっております


側面


骨盤が痛くて歩行困難

挫骨神経痛続編

お客様からの情報を掲載しております
日本と現地スリランカでは気候が違い効果がありました
11月の日本の気候は寒さと乾燥で神経痛が治りかけても
患部が痛み出す事が起きてきます
日本人男性は4か月間挫骨神経通の痛みで苦しみ11月ヒマーリ先生のもとに訪れました
治療のために10日間滞在をしてこの治療を行いました


乾燥させてぬるま湯で戻し

布の袋に入れて温めたオイルと一緒に患部に塗り込みます

神経をやわらげる効果がある薬草

温めたオイルを患部に塗ります

布に温めたオイルをしみこませ患部に張り付ける
日本のお風呂も効果のある治療です
お湯に神経痛に効く漢方薬を入れても良い方法かもしれません


全身温オイルマッサージを行います
スリランカの気候が11月で気温27度程度ですから
帰国する日も問題なく痛みもなく日本へ帰りました
日本の冬の生活と温度と湿度がどのように影響するのかが心配です
このような状態の方が日本には多いと思っております
痛みは他人ではわかりずらい病です
一度で治るとは思っておりませんから数回の治療は必要です・ね
他も病でも同じことが言えます
何年も何十年もほっておくと簡単には完治しなくなります

2016年11月23日
帰国後の状態についてお知らせ
ご本人は神経痛で寒さと乾燥で挫骨が影響していますから
元の痛みよりは大分よくなりました
杖を使わずに歩くことができます
朝と晩は寒さの影響で痛みが出てきます
お知らせいたします

2016年12月10日
経過についてお知らせ
大分良くなってきました
杖を使わず歩くことができます
寒さよりも乾燥に問題があります

2017年1月10日
挫骨神経質状態をお知らせ致します
大分良くなりました
痛み止めも飲まず、熱めの風呂に入りすぐに睡眠を取ります
座る事を控えて立っている・か、寝ている・か
方法しかありませんから
挫骨に負担がかからないためにも寝ている時間を多く取りました
そのお蔭で85%の痛みがなくなりました
現在杖は使用しておりません

2017年2月5日
挫骨神経質状態をお知らせ致します
ほぼ完全に近い状態で治りました
日本のマッサージ治療院には行っておりません
日本の真冬は神経痛と乾燥には気を付ける様に心がけております
暖かいお風呂には少し長めに入る様にしております
2年前に心臓のバイパス手術をしています
そして糖尿病も持っていますから長湯すぎると
血糖が落ちてきますから要注意です
お尻の負担は重いものを持ち上げても問題はありません
挫骨や腰を負担を少なくするためには、立つか、座るか寝るしかありません
現在はできるだけ睡眠を取る様に努力したおります
起床は7時、昼間は自分のすくなPCに向かい夕方は早目のお風呂に
夕食は6時30分に取り身体が暖かいうちに8時前にベットに入ります
現在の薬は2年前の心臓の薬と糖尿病薬だけです
挫骨神経痛の薬は飲んでおりません

2017年2月21日
その後の挫骨神経質状態をお知らせ致します
最近になって多少左右の挫骨の骨が痛くなってきました
原因はPCを1日8時間程度椅子に座ります
睡眠は早目の午後8時すぐにはベットに入ります
起床は朝6時から7時で起きだします
できるだけお尻に負担を掛けずに横になる様にしております
昨年の8月の様な痛みではありません・が
もし、そうなったら50mも歩けなくなってきますから
二度と同じ体験は支度はありません
傷みが出る時は1日2度お風呂に入り患部を温めております
予定では2017年3月初めにスリランカでアーユルヴェーダ治療を受ける事にしております
予定は2週間ほど
1回の治療で治るとは思っておりません
ぶり返しが起きる事は覚悟をしております
歩くことが困難になる事だけは避けたいと思っております
歳を取りると言う事はいろいろな部位にダメージが出てくると言う事ですから
免疫を上げる事に勤めて食事は好き嫌いをなくし野菜を取り
嫌がらずに少しでも自分に合った運動をして
偏った生活をしない様に心がける事をお勧めいたします

アーユルヴェーダの申し込みをする場合は



2019年7月スリランカで治療骨を専門に治療するアーユルヴェーダ医師
滞在日数は14日間
日本から来た辛い腰痛と坐骨神経痛に悩む男性を治すために
ガンパハ県の田舎の奥に開業している有名な骨専門アーユルヴェダ医師の診断に連れて行きました
開院は朝6時30分から午後4時で終わります
私たち4人が訪れた時は午前10時30分ごろで整理券が99番でした
診療までに約40分程度は待ちました
最初に写真医師の診断を観てもらい処方を書いて
隣の部屋で薬をもらい
奥の部屋で治療を行います
外国人が診療を受けるのはとても珍しく周囲はみんなが見ておりました
治療には白布3mを購入して胴体に巻く包帯作り
腰とお尻に薬草を塗りグルグルと包帯を回し終了です
診療は毎週土曜と日曜の2日間して診療は行っておりません









1日170人程度の患者が訪れております
骨を折ったり、捻挫したり、治るまでに時間がかかります





処方箋



医院前の漢方薬販売店で購入









この漢方薬を
さらに奥500m行った最後の家が漢方薬草を薬に作り替えてくれる
専門薬草店です

薬草が多く完成までには40分ぐらいはかかりました















ゲストハウスに戻り処方された
身体内部の便を出すために漢方薬下剤を飲み
体全体にオイルを塗り良くマッサーをして
処方された薬をポンポンを温めて全身と患部を軽くたたくように行います








患部にこの茶色の漢方薬を塗り包帯で止めておきます

この作業を1日2回行ない大変です
9日間行いましたが日本人の方にはあまり効果が見られませんでした
特に坐骨神経痛の痛みの改善が見られませんでしたので
この医師の処方を取りやめました


残りの4日間をゲストハウス近くのアーユルヴーダ医師を訪問




身体を45度に傾けて逆さづりの状態20分程度

縮まった脊髄の神経を伸ばす事が目的です
大分痛みが解消されました

26種類の漢方薬を調合



ポンポンに入れて蒸した状態で身体全体をポンポンします

4日間の治療のため日水が足りず帰国することになりました
ゆっくりと14日間の治療であれば痛みが取れると思います
医師は日ごろの運動と散歩を進めておりました
同じ姿勢で仕事をする事は良くないと話をしております
日本で椅子に座り同じ姿勢で毎日仕事する人はこのような症状が現れやすいと言っております
1時間座ったら5分でも10分でも変えて必要があります

3か月経った坐骨神経痛について
2019年11月末の情報がご本人様から連絡がはいりました
そのままの情報をサイトに掲載いたします
最後の治療から4か月が過ぎ今年の日本に秋が早く
11月最後の週はほとんどが寒い雨日でした
昼間の気温が10度前後でも私の腰からお尻にかけての痛みがありません
現在杖を使わずに歩行ができます
この現象は7月に行ったスリランカ治療のお陰なのか
日本に帰ってからもパソコンの前に座り1日約8時間は仕事をしております
坐骨の違和感もなく本当に気にせずに生活を送っております
現在のDrの治療も私の神経痛には良いのかもしれません
このままでは寒い日本の冬も乗り越えられるかもしれません


アーユルヴェーダ人体骨専門医師

新しいDrシランティ医師のプロフィール






ご質問がありましたらご連絡ください
民宿経営、旅行業務(ガイド、旅行計画)、通訳手配、不動産購入
Representative : Anosha Priyamani
代表者 アノシャ ピリヤマニ
Tel : +94-770493631

E-Mail : priyamanigroups@gmail.com
E-Mailは英語か日本語をお書き下さい

もとに戻る