ゲストハウスのご紹介  アーユルヴェーダに関して  長期滞在料金 アーユルヴェーダで持病改善 スリランカ不動産販売
 スリランカの生活 スリランカ家庭料理 ゲストハウス宿泊 料金 宿泊利用の注意事項 アノーシャプロフィール



毎日慢性疲労症候群でお悩みの方はクリックしてください


腰痛による足のしびれ、坐骨神経痛を解消

腰痛による足のしびれ

この方は日本の医者から見放されて、ここゲストハウスへ訪ねてきました
前回掲載している挫骨神経痛の方も同じです
日本の医師は検査をしてデーターに現れない情報は治しようがないと医師から言われました
痛み止めと胃薬の処方だけでは神経の痛みを取る事が出来ません
弊社ゲストハウスはこのような患者様が少しずつ増えております
約2・3週間で完治をいたします
日本には多くの患者が困っていると思います

現在2週間の予定でご年配の男性がアーユルヴェーダを受けに滞在をしております
長年にわたり腰痛から来る足のしびれがひどく、何とかして治したいと思って今回治療を受けにスリランカまで来てくれました
8日間の治療中、3月29日に帰国の予定です
8日間で腰から下のしびれが足首まで取れた様子です
1回の治療ですべてが治るとはDrは話をしておりませんから
しびれも多少の再発が起きる可能性もありますから・・とDrは話をしております
現在はオイルマッサージ約2時間と漢方薬の服用を行っております
症状は左足のしびれがなくなり現在は右足首部分のしびれと足の表面にむくみが残っています
大分歩く事が楽になってきたと本人は話をしております
本日3月28日現在の状態は、杖なしで歩く事ができる様になりました
日本の方は腰痛による痛みやしびれを取り除く事はできると思いますから
一度スリランカへ来て見ません・か



骨盤の痛みを解消
今日のお話は日本人男性がゲストハウスに遊びに来てくれる方です
年齢は60歳台前半の方で趣味とPCの仕事をしております
1日6時間程度PCの前に座り仕事をかねて10年以上
2回ほど坐骨神経痛になり歩く事が困難になり
家の通路は両壁をつかまり立ちをするほどです
50nの歩行が限度です
本当に立ったり歩く事が痛くて困難なご様子です
これが2016年8月から痛くて困っております
痛み止めの薬も効きません、
湿布薬をもらっても何の足しになりません
そのために整形外科へ行きました・が
MRIや骨のレントゲンを映しても骨には異常が出てきません
当病院では治す事が出来ません・・と医師から告げられました
暖かい風呂に入り、休みながら静かにしているしかありません
良い解決策が無いのです
痛みが取れてきたら、プールで少しずつ運動をする事が良いと医師から話があります
歳を取ってくると痛みが強くなり我慢をするのもいやになってくる事があります・と本人は話をしております
現在手術の段階までは無いと言っておりまのせんが
本人からの依頼でスリランカで生体を整える事が出来る専門があるので探して欲しいとの事で探しました
多くのスリランカ人が直すために生体医院へ通っております
その情報をお知らせいたします

毎日が辛い痛みに効果があります
日本の様な体をひねってり、曲げたり、もんだり、マッサージをする事はいたしません
4000年の長い時間と経験でどこに効果があるのかが分かった治療をするのがスリランカ医療です
腰痛、骨盤痛、肩こり、膝の痛みにスリランカ神経生体専門医院
私(Anosha)も3年前にツゥクツゥクで交通事故に合い左手首を骨折しました
国立病院で外科的治療で骨をつなぎました・が
思い傷みが残り上手く治りませんでした
骨折から3年が経過しても折った場所が重い痛みで困っております
特に手首を使ったりする仕事で辛い痛みが出てきます
現在この生体に通っております
手首の痛みからひじの痛みと肩の痛みまで出てきました
生体先生は背中の両肩甲骨の真ん中の骨に薬草を貼っております
折った場所にも薬草を貼っております
行ったその日から大分楽になりました
数日おきに通院しております
日本では人間のツボに当たる場所へ治療をする事で治す様子です
西洋医学とは違った治し方でスリランカでは直す事をしております
手術をしても、マッサージをしてもなかなか治らない痛みが取れる方法があります
通院は約2週間程度で終わりにしました
この9月16日でおわりにしたいと思っております
日本の様な体をひねってり、曲げたり、マッサージをする事はいたしません
一度来ません・か
もしかしたら治るかもしれません
もちろんアーユルヴェーダと療法を併用しても問題がありません

このレントゲンをDrヒマーリに見れましたら、痛みと骨のユガミを治す事が出来ると
話をしております
半月から3週間程度で2日から3日に一度通院をしてもらいます


スリランカ国立病院神経専門医師と直接会う機会がありましたので訪ねてみした
スリランカでも、このような坐骨神経の痛みの問題があると話をしておりました
上記の日本人坐骨神経患者様からの情報で
大きな関東の病院整形外科医に受診しました
X線とMRIを撮影しました・が
何も異常が無く問題ないとの回答でした
その為患部の貼り薬と痛め止めと胃薬の処方薬は
痛み止めナトリューム
胃薬の2種類の処方薬は
スリランカの医師は痛み止め○○○○○○○ナトリューム剤は使用禁止と話をしております
皆さんご注意ください

患部の貼り薬も貼っても意味が無いと言っております
神経の痛みは専門医師で受診する事をお勧めいたします
スリランカ医師も話をしております
病気は検査や画像だけでは現れない辛い病が沢山有ります
ネツトを活用したり、情報を探す事をお勧めいたします


別なスリランカ人に訪ねました・が
神経の痛みを取る方法があります
日本事務所のアート様の知り合いのスリランカ人が知っております
スリランカで開業医として診療はしておりません
報酬が目的ではなく困っている人を対象に行っているため現地へ行く事になります
必要であれば、ご紹介が出来ると思います
詳細についてはお知らせください


この写真は本人の同意をもらって掲載しております


正面 背骨が曲がってしまっております


側面


骨盤が痛くて歩行困難

挫骨神経痛続編

お客様からの情報を掲載しております
日本と現地スリランカでは気候が違い効果がありました
11月の日本の気候は寒さと乾燥で神経痛が治りかけても
患部が痛み出す事が起きてきます
日本人男性は4か月間挫骨神経通の痛みで苦しみ11月ヒマーリ先生のもとに訪れました
治療のために10日間滞在をしてこの治療を行いました


乾燥させてぬるま湯で戻し

布の袋に入れて温めたオイルと一緒に患部に塗り込みます

神経をやわらげる効果がある薬草

温めたオイルを患部に塗ります

布に温めたオイルをしみこませ患部に張り付ける
日本のお風呂も効果のある治療です
お湯に神経痛に効く漢方薬を入れても良い方法かもしれません


全身温オイルマッサージを行います
スリランカの気候が11月で気温27度程度ですから
帰国する日も問題なく痛みもなく日本へ帰りました
日本の冬の生活と温度と湿度がどのように影響するのかが心配です
このような状態の方が日本には多いと思っております
痛みは他人ではわかりずらい病です
一度で治るとは思っておりませんから数回の治療は必要です・ね
他も病でも同じことが言えます
何年も何十年もほっておくと簡単には完治しなくなります

2016年11月23日
帰国後の状態についてお知らせ
ご本人は神経痛で寒さと乾燥で挫骨が影響していますから
元の痛みよりは大分よくなりました
杖を使わずに歩くことができます
朝と晩は寒さの影響で痛みが出てきます
お知らせいたします

2016年12月10日
経過についてお知らせ
大分良くなってきました
杖を使わず歩くことができます
寒さよりも乾燥に問題があります

2017年1月10日
挫骨神経質状態をお知らせ致します
大分良くなりました
痛み止めも飲まず、熱めの風呂に入りすぐに睡眠を取ります
座る事を控えて立っている・か、寝ている・か
方法しかありませんから
挫骨に負担がかからないためにも寝ている時間を多く取りました
そのお蔭で85%の痛みがなくなりました
現在杖は使用しておりません

2017年2月5日
挫骨神経質状態をお知らせ致します
ほぼ完全に近い状態で治りました
日本のマッサージ治療院には行っておりません
日本の真冬は神経痛と乾燥には気を付ける様に心がけております
暖かいお風呂には少し長めに入る様にしております
2年前に心臓のバイパス手術をしています
そして糖尿病も持っていますから長湯すぎると
血糖が落ちてきますから要注意です
お尻の負担は重いものを持ち上げても問題はありません
挫骨や腰を負担を少なくするためには、立つか、座るか寝るしかありません
現在はできるだけ睡眠を取る様に努力したおります
起床は7時、昼間は自分のすくなPCに向かい夕方は早目のお風呂に
夕食は6時30分に取り身体が暖かいうちに8時前にベットに入ります
現在の薬は2年前の心臓の薬と糖尿病薬だけです
挫骨神経痛の薬は飲んでおりません

2017年2月21日
その後の挫骨神経質状態をお知らせ致します
最近になって多少左右の挫骨の骨が痛くなってきました
原因はPCを1日8時間程度椅子に座ります
睡眠は早目の午後8時すぐにはベットに入ります
起床は朝6時から7時で起きだします
できるだけお尻に負担を掛けずに横になる様にしております
昨年の8月の様な痛みではありません・が
もし、そうなったら50mも歩けなくなってきますから
二度と同じ体験は支度はありません
傷みが出る時は1日2度お風呂に入り患部を温めております
予定では2017年3月初めにスリランカでアーユルヴェーダ治療を受ける事にしております
予定は2週間ほど
1回の治療で治るとは思っておりません
ぶり返しが起きる事は覚悟をしております
歩くことが困難になる事だけは避けたいと思っております
歳を取りると言う事はいろいろな部位にダメージが出てくると言う事ですから
免疫を上げる事に勤めて食事は好き嫌いをなくし野菜を取り
嫌がらずに少しでも自分に合った運動をして
偏った生活をしない様に心がける事をお勧めいたします

アーユルヴェーダの申し込みをする場合は





ご質問がありましたらご連絡ください
民宿経営、旅行業務(ガイド、旅行計画)、通訳手配、不動産購入
Representative : Anosha Priyamani
代表者 アノシャ ピリヤマニ
Tel : +94-770493631

E-Mail : priyamanigroups@gmail.com
E-Mailは英語か日本語をお書き下さい

もとに戻る